犬と暮らすWEB系フリーランス

犬のことやWeb関連のことを中心に日々の雑記をまとめています。

うちの犬用馬肉レシピ

全然更新してないブログですが、犬の生肉手作り食や馬肉といったキーワードで検索してくる方が多いので、我が家のワンコ達にあげている食材を紹介します!

うちのワンコ。少し前の写真↓なぜか怒ってる。

https://instagram.com/p/1m0t9EvqiF/

毎日手作りする余裕はないので、半手作り食のような形であげています。

メインの馬肉

食事の中心となる馬肉は、Diara(ディアラ)の馬肉パーフェクトをあげています。小分けになっているやつ。

以前は、100CLUB(ワンハンドレッドクラブ)の馬肉を使っていたのですが、毎回量が違うのとDiara(ディアラ)馬肉の方が発送が早いので切り替えました。

補助食

内蔵を含む馬肉にはタンパク質、グリコーゲン、鉄分、ビタミン、ミネラルが含まれていますが、これだけだと偏ってしまうので、野菜も混ぜています。

野菜は冷凍のミックスベジタブルを使うと楽です。ただ人間用だと「グリーンピース、コーン、ニンジン」の3種になってしまうので、楽天にあるINUNAGOというショップの冷凍ミックスベジタブルを使っています。

肉に対して約3割の量をあげていますが、結構適当です。

ミックスベジタブル

ただこのショップの冷凍ミックスベジタブルはすごい人気があるので、よく売り切れてしまうんですよね。アマゾンでも同じような商品があるので、代用できると思います。

カルシウム

ドライフードなら問題ありませんが、手作り系の食事だとカルシウムが不足する場合が多いです。

ただ、カルシウムを与える場合は、過剰摂取が怖いので、水溶性のカルシウムサプリメントを使っています。

水溶性だと水分があれば過剰分は外に排出されると考えれられています。

酵素

これは下痢対策。下痢になった時は絶食が基本ですが、酵素を上げると治りが早いんですよね。腸が弱い子は"酵素"おすすめです。

まとめ

これまで紹介したのが、普段ご飯としてあげているものなのですが、食事で余った野菜など適当に混ぜてあげちゃっています。

体重と栄養分から正確に計算している人もいると思いますが、僕は色々食べた方が良いという考えなので結構適当です(笑)

手作り食は与える量を考えるのが難しいのですが、少なかったり多かったりすると、犬の場合はウンチや体系にすぐ表れるので、それで調整しています。

ドライフードから切り替える場合は、最初下痢になる可能性が高いので、ゆっくり切り替えてみてくださいね。